おおい町地域ポータル | グループブログへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

2010年11月08日  12:58

セイタカアワダチソウ殲滅作戦




「セイタカアワダチソウをみんなあして駆除しよか思て」と、

日曜の夜に文右衛門さんから連絡が入る。
 
佐分利川の土手に、今年はセイタカアワダチソウがやたらと目についた。

特に河口近くは大群落を形成して、見事なくらい土手一面が黄色い花で覆われている。

もともと切り花や観賞用として持ち込まれたくらいだから、一面に咲くと秋らしさ満点で、

美しいとさえ言える。

のんきなことを言わせてもらえば。
 

日本の在来種が外来種に弱いのは植物に限った話ではないけれど、セイタカアワダチソウは

種子だけでなく地下根茎からも殖える多年草で、周辺植物の生育を阻害するアレロパシーを

有することもあって、競合するススキなどの在来種を圧倒する繁殖力がある。

加えて花粉によるアレルギーや喘息の原因といわれたためにあんまり良いイメージはない。

びっしりキレイに咲き誇っても、普通あまり歓迎されることの少ない植物である。



>>つづきはこちら
 セイタカアワダチソウ殲滅作戦
 セイタカアワダチソウ殲滅作戦 その二

  • イベント報告