おおい町地域ポータル | グループブログへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

社協のたまり場ブログ

○各拠点の取り組み

○各拠点担当者のこと

○社協のイベント
前のページ
1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6
次のページ

2017年06月16日 17:11

さて、サルの来襲があったものの、トマトやネギ、人参などが少し被害に遭ったものの、きゅうりなどはそのままで、すくすく育ち、6月初旬収穫が出来ました。ブロッコリーのデカいのもゲットです。利用者さんの日課にして収穫してもらっています。ではまた、、、。






  • ひだまり担当者のブログ

2017年06月16日 15:58

今年、近所の畑の一画を借りて、野菜つくり(擬き)を始めました。定番のキュウリ、トマト、ナス、じゃが芋、からタイモ、カボチャ、スイカなどいろいろと植えました。それで少しずつ大きくなってきたある日、サルの来襲!!


小さな穴から入ったらしく、朝畑に行ったら、これでもかとばかりに、散らかし放題。特にジャガイモを全部引っこ抜いて、ジャガイモは水の泡と化しました。たぶんひだまりの辺りをウロウロしていて、一度カツを入れようと思い追いかけまわしましたあのサルに違いない、、、囲いアミの穴を塞ぎ今のところ何事もなく過ぎてはいますが。



  • ひだまり担当者のブログ

2017年04月10日 16:24



今年は桜の開花が遅れたようですが、4月8日(土)みんなで花見に出かけました。天気予報では雨でしたが、日頃の行いが良いので、晴れ間が出て暖かい上々の天気でした。コースは、ひだまりから石山峠を越え佐分利川河畔の満開の桜並木を眺めながらR27に入り、高浜の道の駅で休憩、そのあと高浜の城山公園でゆっくり花見を楽しみました。写真はその1枚です。

  • ひだまり担当者のブログ

2015年02月20日 13:30

〜ひだまりでサロン〜


ひだまり担当の畑田です。
此処「ひだまり」は周りは山..(川)..山ばかり、ここから15分程R162を奥へ車を走らせれば京都府境。(---鹿ぞ鳴くなる---)といういわゆる山奥にあります。

近年、過疎化や少子化が進み高齢者のみの世帯が増えてきています。地元の住民の方が「10年後はどうなっているんやろ」と言われるのをよく耳にします。

特にお年寄りが生活するのに不便を感じることが多くなってきています。その一つに目的を果たす交通手段がない、昔は小浜まで20〜30キロも歩いた足(健脚)が歳をとると利かない、知り合いの家に行っておしゃべりしたいのに無理、また買物をしたいが近所にあった店はもうない、病院へ行きたいのにバスの便が少なく、送り迎えを頼む息子や娘は街に出ていない。

山奥ならではの良い所もあるのですが、ないないばかりが目立ってしまって「こんなことがあります」というのを何か考えなくては・・。ということで「ひだまりサロン」の名のもとに、外出の支援や、おしゃべりの場作り等ボチボチと始めています。

ながーい前置きになりました。(すみません)
さて、そういう事で、閉じ篭りがちになる冬期を主に、一昨年の暮れから、催し物を企画し集える場を提供しています。

1、昨年12月下旬:正月準備のための買物と外食(おしゃべり)
2、1月上旬:詩吟の鑑賞
3、1月下旬:大正琴の演奏の鑑賞
4、2月上旬:芸能協会の踊りと歌の鑑賞
5、2月下旬:ミニ映画会

◎ひだまり行事の中で、一人暮らしの方などに参加を呼びかけ催し物の後、お茶を飲みながらおしゃべりを楽しんでもらっています。


    地元の方のメンバーによる大正琴の演奏


   演奏に合わせて、皆で合唱。手品もありました。

終わった後はおしゃべりサロン






芸能協会の皆さんによる踊り



狭い場所で申し訳ありませんでしたが”魅せて”頂きました。




   ひだまりの利用者やサロンのメンバーとのお茶タイム



<後記>私たちは「地域で支え合う」をキャッチフレーズにはしておりますが、言葉が上滑りして、じゃどうするんだと問われれば、なかなかいい手立てが見出せません。少しづつコツコツと。

  • ひだまり担当者のブログ

2015年01月08日 15:00

〜ああ懐かしや大正、昭和の思い出〜

ひだまり担当の畑田です。
利用者の皆様のお話しをいろいろお聞きしていると、昔の懐かしい思い出がでてきます。ローカルなものですが一つ再現することにしました。
名付けて<ヨモギのばん餅作り>
材料:よもぎ、うるち米、もち米少々。材料を混ぜ蒸して餅を作ります。


杵と臼で、元気な利用者さん、「まかせてや」とヨイショヨイショ。










繊維質のヨモギがたっぷり入った丸餅を、円盤状に展ばしていきます。




真中を指で穴をあける(子供がよくやった、穴にひもを通して乾燥するためにひもを通す穴。)この状態で固まるまで2日ほどおいて置く。



利用者の方、ボランティアの方たくさんの人が参加してくれました。ちょっと一服


固まってきたので、穴にワラを通し、風通しの良い所に吊るす。


「ほんまは、ばんの大きさはこの3倍、4倍ぐらいあったんやで。学校から帰ると、何にも食べるもんがないさかい、黙って拝借したんや、うまかったなあ・・」


昔ながらの古民家の梁を利用して、並べて乾かしています。
食べるときは、水に浸けて戻し、焼いて食べます。否、!!!すでに食べました。香ばしいヨモギ味で美味しいです。(昨年ひだまりで味噌をつくったのですが、それをちょっと上に乗せて頂きました)



今は飽食の時代、ボリボリ、スナック菓子を食べている・あなたへ。
以上、ひだまりレポートでした。

  • ひだまり担当者のブログ