おおい町地域ポータル | グループブログへ
ID パスワード
このblogのトップへ戻る

JRFFC

前のページ
1  | 2

2008年11月12日 06:23

2005年 JRFFC優勝レプリカ

  • 表彰

2008年10月21日 14:43

(名 称)      
第1条 この会は、JAPAN RUGBY FOOTBALL FAN CLUB(以下「JRFFC」という。)と称する。

(目 的)      
第2条 JRFFCは、ラグビーフットボールを通して魅力ある人材の育成や人的交流を行うことで、ラグビーフットボールの向上につなげる。

(事 業)      
第3条 JRFFCは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 人材の育成や交流推進のための企画および運営に関すること。
(2) その他目的達成に必要な事業。

(組 織)      
第4条 JRFFCは、会員をもって構成する。
2 会員は、ラグビーフットボールに積極的な個人および法人とする。
3 JRFFCの趣旨に賛同する者は、JRFFCの承認を得て会員となることができる。

(役  員)
第5条 JRFFCに役員を置く。(会長・副会長・監事)
 2 会長は、JRFFCを代表し、会務を総理する。
3 副会長は、会長を補佐する。
4 役員は会員の中から選任する。
5 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
6 役員は、任期満了後も後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

(会 議)      
第6条 JRFFCの会議(以下「会議」という。)は、会長が招集する。
2 会長は、会議の議長となる。

(幹 事)      
第7条 JRFFCに幹事を置く。
2 幹事は、会員に所属する者の中から会長が選任する。
3 幹事は、事業実施に当たっての必要な事務を行う。

(幹事会)      
第8条 JRFFCに幹事会を置く。
2 幹事会の会議は、事務局長が招集し、事業の企画検討および事務を行う。

(事務局)      
第9条 JRFFCの事務を処理するため、設立地の福井県に事務局を置く。
2 事務局に次の職員を置く。
(1)  事務局長  1名
(2)  書  記  若干名
3 事務局長は、会員に所属する者の中から会長が選任する。

(会 計)      
第10条  JRFFCの経費は、会費および負担金その他の収入をもって充てる。

(補 則)      
第11条 この規約に定めるもののほか、JRFFCの運営に関し必要な事項は会長が別に定める。
 附 則(施行期日)
 1 この規約は、1999年12月11日から施行する。

  • 会則

2008年10月21日 14:34

JRFFC設立宣言


 JAPAN RUGBY FOOTBALL FAN CLUB(以下「JRFFC」という。)は、ラグビーフットボールを通して、世界に冠たる人材の育成や人的交流に対する支援を行うことで、ラグビーフットボールの向上を図ることを目的に、福井県内において1999年12月11日に設立し、以来、会員・有志の連携のもと、急激に変化する社会情勢、ラグビーフットボールニーズに対応しつつ、全国的に各種事業の推進に努めてまいりました。
 ラグビーフットボールの向上は、スポーツ人口の増大、地域経済への波及効果が大きく期待され、地域の活性化を図るうえで重要な役割を果たしておりますが、近年の余暇時間の増大や価値観、ライフスタイルの多様化に伴い、ラグビーフットボールに対するニーズがますます高度化、国際化しております。
 JRFFCでは、こうした社会情勢の変化に的確に対応するためにも、人材の育成、人的(国際)交流推進、全国高等学校ラグビー部奨学奨励制度の創設、JRFFC基金の造成、JRFFCキャップの製作・販売、全国大会支援などラグビーフットボールファンの要望を積極的に採り入れ事業展開に取り組んでいるところでございます。      
つきましては、JRFFCの活動趣旨にご賛同いただき、新規会員としてご加入賜りたく、謹んでご案内申し上げます。


2000年1月
         
                       JRFFC会長 石橋 司              
          

  • JRFFC設立宣言